棟瓦の撤去工事が必要なだけで一番屋根面積が広い残瓦部分の瓦撤去工事と瓦残土処分費がかからないので、葺き替え工事の費用が大幅におさえる事ができます。

現状瓦屋根の上に新しい和瓦を乗せる事も可能ですが家の土台部分と梁や柱等が丈夫でなくてはならないため、軽量瓦やカラーベスト、板金屋根がカバー工法には良いと思います。

瓦の通りを直してから瓦にドリルで穴を開けてから、樽にステンレスビスで固定していきます。

屋根横部分の瓦を1枚だけ剥がしてケラバ水切り板金の下地を高さ調整して残木を取り付けていきます。

下地が出来れば、軒先水切り板金を取り付けて、ガル波を葺いていきます。

木下地も全て当社が行いますので大工さんにお願いすることがありませんので、大工さんがすぐに来てくれなくて工事が遅れたりする事もないので安心して下さい。カバー工法工事をお考えのお客様は是非、奈良山本屋根工事店にお尋ねください!

[連絡先0744-35-3190]

[携帯090-2067-2150]