和型陶器瓦修理の様子です。

瓦修理する前はこの様になっていました。丸瓦に銅線又ステンレス線で固定する穴が開いていますが固定されていません。強い風などが吹いて丸瓦に当たれば捲れて屋根下に落下する事があります。葺き粘土も流れ出て草が出てきているので、南蛮漆喰を仕様して現状瓦で葺きなおしです。

軒先の丸巴瓦は桟山にステンレス線1ヶ所止めて、玉口に1ヶ所で、巴瓦は2ヶ所止めします。

 

丸瓦の葺き粘土は南蛮漆喰仕様です。

南蛮漆喰は雨水を吸い込まないで草が生えたり、粘土のように雨水で流れてる心配がないので安心です。

丸瓦一枚ずつにステンレス線で固定しています。これで強い風が吹いても丸瓦が捲られる事がないので安心です。

丸瓦葺き直し工事完成です。

雨漏り修理や葺き替え工事のことなら山本屋根工事店にお任せください!