奈良県宇陀市F 様邸、瓦葺き替え工事開始です

隅木の上あたりで雨漏りしています。

残瓦の下の粘土も濡れています。

野地板の上には杉皮をひいて竹の残木で押さえています。

以前の瓦葺きは土葺き(どぶき)と言います。奈良、京都で葺いてある屋根が多いです。現在の瓦は、ねじれ等もなく品質の良い瓦が出来ていますが、昔は瓦自体の精度が悪かった為に瓦のねじれ調整をする土葺き工法でもあり、粘土の粘着力で瓦を固定していました。

シュートを4本繋いで屋根の上から庭木の間から瓦と土をシュートで滑らせて下ろしました。

瓦葺き替え工事から雨漏り修理なら耐震棟工法専門店の奈良山本屋根工事店に是非お任せ下さい!