棟瓦撤去してから現状瓦で今日から耐震棟工法工事開始です。

隅木に木材用ドリルで穴をあけて縦鉄筋800ミリピッチで打ち込んでから縦鉄筋に横鉄筋を結束してから南蛮漆喰をおいて熨斗瓦一枚ずつステンレス線で鉄筋にくくりつけていきます。熨斗瓦下の隅切り桟瓦はステンレスパッキン付きビス90ミリで止めて葺いていますので熨斗瓦下の隅切り桟瓦が地震などの強い揺れでも瓦が下に落ちたりする必要はありませんので安心です。地震や台風がきても、棟瓦の面戸漆喰が剥がれたり棟瓦がずれたり、瓦の落下等を防ぐ棟瓦葺き工事は耐震棟工法が一番いい棟瓦葺き工事だと思いますので耐震棟工法に興味があるお客様がいましたら、是非耐震棟工法専門店の山本屋根工事店にお任せください!