屋根下地工事ができましたので桟瓦葺き工事開始です。

屋根上に瓦を上げて屋根に必要な枚数の瓦を桟木に引っかけてまくわっていきます。

瓦の割り付けした印に合わせて軒先万十瓦をステンレスビスで止めて葺いていきます。

軒先万十瓦を並べてから桟瓦をステンレス釘で一枚ずつ止めていきます。

桟瓦を葺き終えたら下から見て瓦のいがみ、浮きなどがないか?確認してから屋根足場を作っていきます。

横からも見て瓦のずれ、浮きなどを確認します。

屋根に谷板金をステンレスビスで固定してから桟瓦をカットして谷板の上のシーラーにのせて谷板の墨に合わせてステンレス線で一枚ずつ止めて葺いていきます。

谷板金に水返しが付いて、谷板にシーラーも付けていますので、強い雨風がふいても雨漏りする心配はありません。