奈良県吉野町のお寺山門残葺き工事が完成しました。次に棟瓦葺き工事です。

軒先瓦は瓦の下に南蛮漆喰をおいて、ステンレスビス二本止めで残山にステンレス線で止めています。台風などの強風で軒先瓦が浮き上がらない用にしています。

残瓦は瓦の爪を残木に引っかけて全ての瓦1枚づつビス止めしています。

ケラバ横屋根部分には横車瓦の下に縦残木を横残木に打ち付けて、瓦が左右にこけない用にしています。瓦の重なり部分にはビス二本止めして、玉の部分にも強風で瓦が浮き上がらないように、横の瓦もステンレス線で止めています。

降り棟の残瓦部分には縦鉄筋を打ち込めないので残瓦の間から耐震棟金具を使用しています。耐震棟金具に鉄筋を通す穴が空いていて降り棟の長さの鉄筋を差し込んで金具に鉄筋をステンレス線で結束していきます。地震や台風がきても、安心できる耐震棟工法をお考えのお客様は是非、耐震棟工法専門店の奈良山本屋根工事店にお任せください。

[連絡先0744-35-3190]

[携帯090-2067-2150]