お寺の瓦屋根工事は日曜日なので、休ませていただきました。倉庫で棟熨斗瓦の寸法だしです。

熨斗瓦の寸法を合板に書き入れて残木で鳥居を作っていきます。鳥居が完成したら、屋根瓦の棟部に取り付けて鳥居の熨斗瓦寸法に合わせて、熨斗瓦を積み上げます。

一般住宅の瓦屋根では棟部に鳥居を組むことはないです。お寺の棟瓦は左右の鬼瓦部分に熨斗瓦を反らして積み上げていきますので、右側と左側の反りぐわいを見て合わせていきます。鳥居を組まずに熨斗瓦を積み上げていけば、棟瓦の反りぐわいが変わりますので、鳥居を組むのが必要なのです。

数珠入鬼瓦を使用しています。

[社寺屋根工事から一般住宅屋根、雨漏り修理、瓦葺き替え工事、コロニアル葺き、ガルバリウム鋼鈑葺きなど、屋根工事の事なら奈良耐震棟工法専門店の山本屋根工事店に是非お任せ下さい!

[連絡先0744-35-3190]

[携帯090-2067-2150]