お客様の希望で今回の現場は現在自宅に葺いてある古瓦で残葺き工事をさせて頂きました。お客様から連絡を頂き現在屋根の上に葺いてある瓦が使えれば、残葺き工事に葺き替えて欲しいと連絡を頂きました。話だけでは分かりにくいので、ご自宅の方に瓦屋根点検に行かして貰って、瓦が使えそうなのか見させて頂いたところ耐寒瓦を使用していて、しっかりと焼き上げた瓦で風化等変色も見当たらないのでお客様には大丈夫です。まだこの瓦は30年ぐらいは大丈夫そうなので古瓦で残葺き工事出来ますとお話させて貰いました。残瓦の種類に寄って瓦の裏に残木に引っ掛ける爪瓦が無い場合は残瓦葺き工事が出来ない瓦も有ります。釘止めだけでは残木に瓦が引っ掛かって無いので余りお勧め出来ません。瓦残葺き工事は新しい瓦でするだけでは無く、まだ使えそうな瓦は残葺き工事させて頂いて折ります。残葺き工事では瓦1枚にステンレス釘1本止めで固定していますので安心です。棟瓦は粘土を一切使用せず南蛮漆喰を使用していますから粘土の面戸漆喰の剥がれ等雨漏りの心配も有りません。耐震棟工法でコーチボルト、鉄筋、強力棟金具を使用して屋根工事をさせて頂いていますので安心して瓦屋根工事はお任せ下さい。

奈良で屋根工事、雨漏り修理、瓦葺き替え工事なら山本屋根工事店にお任せ下さい。

【屋根点検無料】

【見積り無料】