去年から大手工業様から頼まれていた、鬼瓦交換工事に行きました。冬場の1月、2月は雪が降って屋根瓦は滑りやすいので3月に行って来ました。梅雨入り前までにして欲しいと言われて居たので間に合って良かったです。この日は朝から天気が良かったのですが、昼から曇り出したので急いで屋根足場をして工事に取り掛かりました。今回はクレーンが入らない現場でしたので、瓦上げ機で梯子を組み立てて鬼瓦を1つずつ上げて、足場台の上で鬼瓦を組み立てました。さすがに手作業でしたので重たい鬼瓦でした。昼からは曇りだしましたけど、なんとか雨が降らなかったので良かったです。もし屋根工事中に雨が降って来ていたら大変でした。雨が降って来ていたら屋根足場の上にブルーシートを貼らなければなりません。勾配が一般住宅に比べてきつくて、滑りやすいからです。捲った棟瓦にも養生ブルーシートを掛けて雨漏りをしない用にします。工事が無事に完成して住職様にも喜んで頂いたので良かったです。