今日は日曜日ですが、去年の台風21号屋根被害の現場に屋根点検に行って来ました。お客様からは部屋に雨漏りしているとお聞きしていましたので、現場に到着してからお客様にどの当たりから雨漏りしているのか?お話を聞かせて頂いてから家の中の雨漏り箇所を見せて頂きました。

天井板はお客様が雨漏りしている場所を探すために剥がされた見たいです。屋根から雨漏りしているのは間違いありませんが、雨漏りしている場所は一ヶ所だけではないようです。棟木、野地板、樽木等も何ヶ所も雨水の染みが木材に染み込んでいました。畳も雨水の染みが何枚か付いていました。屋根の上に登らせて頂いて屋根瓦の桟瓦部分、棟瓦部分、壁際部分等隅々まで屋根瓦点検させて頂きましたところ、今回見させて頂いたご自宅の雨漏りしている原因は屋根瓦の棟違い部分の袖瓦破尻部分が一ヶ所と棟瓦の粘土が痩せてきて、のし瓦勾配が無くなり雨水が棟の中に入っていました。桟瓦の隙間にコーキングを塗り付けている場所も有りましたのでこの部分も雨漏りしている原因だと思います。今回のご自宅の屋根点検の雨漏りしてそうな個所は三ヶ所でした。雨漏りの原因は屋根からだと御施主は思われている方が多いと思いますが、屋根瓦以外の所から雨漏りするケースもあります。例えば壁際に暴風等の雨が壁に当たって壁を伝って雨漏りするケース、壁のひび割れからの雨漏り、サッシ取り付けジョイントの不具合、ベランダ壁際の不具合、ベランダ防水劣化など、雨漏りする原因は屋根意外からもあるのです。

[屋根のことなら何でもお気軽にご相談下さい!]