今日は朝から雨漏り修理させていただきました。現場についてからお客さまに雨漏りしている所を尋ねましたら、2階部屋の天井に雨水の染みがついていて天井の板が剥がれきているらしく、家のに上がらしてもらって見させてもらいました。雨漏りしている天井の染み部分の上は屋根の谷板金あたりでしたので、屋根の上に上がって谷板金を慎重にすみずみまでチェックして谷板金に穴が空いていないか?谷瓦のひび割れや瓦のズレなどないか?谷板金に落ち葉など詰まっていないか?確認しましたところ、銅板の真ん中部分に2センチぐらいに切り傷のような感じで割れていました。

谷瓦を軒先から1枚ずつ順番に剥がして葺き粘土も剥がしていきます。片方の谷瓦は剥がさずに谷板金を取り付ける方法で谷板金を付けるやり方で工事しました。片方の谷瓦を剥がしてしまいますとすぐに棟瓦が乗せていますので棟瓦の葺き粘土が崩れてのし瓦が抜けたりして棟瓦を痛めてしまう事になりますので片方の谷瓦だけを剥がして工事しています。

谷瓦を剥がせない部分の谷板金はビス固定できないので谷板金裏と野地板にコーキングで止めています。

谷板金の上には水返しシーラーとコーキング固定で止めています。谷瓦の葺き粘土は南蛮漆喰を仕様してステンレス線で結束しています。剥がした桟瓦は全てパッキン付きステンレスビス100ミリで固定しています。

 

[雨漏り修理のことなら是非当社にお任せ下さい!]

[連絡先0744-35-3190]

[携帯090-2067-2150]