今日で棟瓦のし積み工事が完成です。明日は1番上の紐丸瓦葺きと鬼巻き漆喰塗りと清掃.屋根点検をして屋根工事がすべて完了です。

棟木に縦鉄筋を差し込んで縦鉄筋と横鉄筋をステンレス線で留め付けて連結してから、南蛮しっくいを棟に置いてステンレス線でのし瓦同士を1枚づつ緊結していきます。棟木から鉄筋とのし瓦.南蛮しっくいが一体化してますので、大型台風や巨大地震に耐えることができます。

大型台風.巨大地震がきた場合には棟瓦旧工法では倒壊してしまいます。屋根瓦の棟部は築15年〜20年に一度はメンテナンスが必要です。

「大型台風や巨大地震がきた場合に備えて、是非この機会に耐震棟工法をご検討くださいませ!」

 

[耐震棟工法専門店]

[連絡先0744-35-3190]

[携帯090-2067-2150]