棟瓦撤去工事も終わり今日から耐震棟瓦工事開始です。

 

降棟瓦の下に瓦くずを引き積めて、棟の中に雨水が入っても鬼瓦の下に雨水が流れ出るように細工しています。瓦くずを入れずに桟瓦に調節漆喰や葺き粘土をおいてしまうと雨水をせき止めて雨漏りしますので必ず瓦くずや捨てのし瓦等を入れて棟包み工事しています。

降棟用耐震棟金具を桟瓦下の野地板にステンレスビズで取り付けます。金具を取り付けたら次に金具の穴に鉄筋を差し込んでステンレス線で固定していきます。

瓦くずの上に南蛮漆喰をおいてのし瓦を一枚づつ鉄筋に結束して葺いていきます。

地震、台風、強風がきても、棟瓦が下に落ちる心配をしなくていいのが耐震棟工法工事のいいところです。異常気象の影響なのかは分かりませんが5年に一度ぐらいに大型地震が来ています。どこの地域でまた大型地震がくるか分かりませんので屋根瓦の地震対策をしておいた方が良いと思います。

[耐震棟工法工事専門店]

[屋根点検無料、見積り無料]

[連絡先090-2067-2150]