今日は朝からお寺さんの棟瓦葺き工事をしてから、昼から屋根点検にいきました。お施主様の話しでは、瓦から雨漏り2ヶ所しているので見て欲しいと言われましたので、屋根に登り屋根点検させてもらいました。

残瓦がズレて来ています。

残瓦がズレてきて口が空いています。雨漏りの原因の1つはここだと考えられます。瓦下の粘土の粘着力が無くなりズレて来ています。

煙だしの回りの熨斗瓦もズレて粘土だけになっています。二つ目の雨漏りはここだと思います。

本来、雨水を流す役割の瓦に雨水が吸い込んでいます。雨水を瓦が吸い込むと、この様に苔が生えて来て瓦下の野地板や樽木を腐らせてから、天井に雨水の染み等をつけてから部屋の中に雨漏りしてきます。瓦のズレや割れている場合はすぐに雨漏りして来るので分かると思いますが、瓦の劣化での雨漏りは少しずつ屋根下地を腐らせて雨漏りしてきますので分かりにくいのです。瓦に苔が生えて来たら要注意です。

[雨漏り修理.瓦葺き替え工事のことなら、奈良山本屋根工事店に是非お任せ下さい!]

[見積り無料.屋根点検無料]

[連絡先0744-35-3190]

[携帯090-2067-2150]