屋根瓦撤去工事が終了しました。

杉皮を剥がしたら、下地の隙間に小巾板を打ち付けて、屋根下地修理をしていきます。

今回の現場は屋根下地がしっかりしていましたので、針葉樹合板又杉小巾板等をはらずに防水シートをはっています。現状屋根下地板の隙間が少し荒いので防水シートルーフィングを使うと屋根工事中に隙間部分を歩いたりした場合ルーフィングを破ってしまう恐れがありますので破れにくい防水シートを使っています。

防水シートに瓦割り付け寸法を書き入れてから墨付けして桟木を釘で止めていきます。

桟木は防虫木材仕様です。

[屋根瓦の事で少しでも気になることがありましたら当社に是非一度ご連絡ください!]

[見積り無料]

[屋根点検無料]

[連絡先0744-35-3190]

[携帯090-2067-2150]