地元桜井市の耐震棟工法工事開始です。

棟際の半瓦をコーキングとステンレスビスで野地板に固定してから残瓦の隙間に灰墨入りの南蛮漆喰を塗り込んでいきます。

棟木に縦鉄筋800ミリ以内で打ち付けたら、横鉄筋を縦鉄筋にステンレス線で結束していきます。

のし瓦一段目下の土台漆喰は白南蛮漆喰を使っています。

のし瓦二段目から上は灰墨入りの南蛮漆喰を使ってのし瓦1枚ずつステンレス線で鉄筋に結束していきます。

最後に丸瓦を葺いて小棟瓦完成です。大棟瓦はあと1日で完成予定ですので、又ご覧になってください。

[耐震棟工法専門店]