雨漏りを放置しておくと構造躯体が腐り耐震性や耐久性を低下させてしまいます。雨漏りは少しずつ雨水が屋根下地や柱. 壁下地小巾板などを濡らして壁にひびが入って割れてくることもあります。湿気の多いところに白蟻が発生する原因になり家全体の木材を腐らせしまう事もあります。

妻下破風尻の熨斗瓦が強風と地震などが原因で瓦が一枚落ちています。

瓦が雨水を吸い込み瓦が凍てわれしてます。

屋根横ケラバの丸瓦を銅線やステンレス線で固定していないので、丸瓦がズレてきています。

棟瓦の葺き粘土が劣化して面戸漆喰が剥がれています。

雨漏りしてきて、木材が腐ってきています。

屋根瓦は下から見てるのと、屋根にあがって見るのとではまったくちがいます。屋根点検が必要なのはわかっていただけたでしょうか?雨漏りしてくる前に屋根点検をしてみてください。早めの発見で屋根工事の費用が低価格ですみますので、早めの屋根点検をおすすめします。

[屋根工事のことならどのようなことでもお気軽にお尋ねください。]

[奈良の屋根瓦のことなら耐震棟工法専門店山本屋根工事店にお任せください!]

[連絡先0744-35-3190]

[携帯090-2067-2150]