家の屋根点検時期は、新築してから15年~20年の間には一度、屋根工事専門店にお願いして見て頂いた方が良いと思います。

大屋根の陸棟部分です。下から見える部分なので屋根の棟のし瓦がずれて来ているのがわかりました。

屋根に上がらないと見えない部分です。

隅棟の裏の部分になりますので、屋根の上からでないと見えない部分です。棟の一番上の冠瓦が落ちかけています。銅線で冠瓦が固定されていないので落ちかけていました。雨水を流すトンネル瓦も土で詰まっています。雨漏りしてくるのも時間の問題と思います。このような事になる前に早めの屋根点検して下さい!早めに屋根点検をしておくと、もし屋根瓦修理をしなくてはいけない場合でも、屋根修理代金がお安くなるケースが多いですので、早めの屋根点検をおすすめします。