屋根の上までは普段はあまり見たり気にしないと思いますが、下からだと見えにくいと思いますけど、たまには見て下さい。瓦が浮いたり、しっくいが剥がれたり黒ずんできたりしていませんか?下から見て気になる所などがある場合は屋根の上にのぼって見るとかなり痛んでいる事が多いです。茨城地震や熊本地震では広い範囲で屋根瓦が下に落ちて、家が半壊.倒壊しました。最近では大阪地震が来て家の屋根瓦が落ちて塀等が倒れて負傷者、死者もおられるとニュースで知りました。またどこで大きな地震が来るか分かりませんので、大型地震が来ても少しでも被害を最小限におさえる構えと対策が必要だと思います。屋根に対しての対策の一つは耐震棟工法が一番いいと思います。地震の揺れで一番先に落ちる屋根瓦の箇所は棟部分なのです。桟瓦は桟木に瓦の爪を引っかけて釘で止めていますので強い揺れがきても下に落ちることはあまりないのです。以前の棟瓦葺き工法は粘土を棟部分に置いてのし瓦をはさんで粘土の粘着力でのし瓦を止めていますので、地震等の大きな揺れがきた場合は粘土が崩れてのし瓦も抜け落ちてしまいます。耐震棟工法とは棟部分に仕様する葺き粘土は使わずに全て南蛮漆喰仕様で、現状瓦を仕様して縦鉄筋と横鉄筋をステンレス線で結束して、のし瓦を一枚ずつステンレス線で止めていきますので、地震の揺れでのし瓦等の落下を防ぎます。以前の棟瓦工法から耐震棟工法に変えて見ようかなとお考えのお客様は是非当社にお任せ下さい。

[耐震棟工法専門店]

[屋根点検. 見積り無料]

[連絡先0744-35-3190]

[携帯090-2067-2150]

[担当. 山本]