現場近くの屋根点検にお昼休み時間に見てきました。

全ての棟瓦が曲がってきています。

漆喰の剥がれ

棟土劣化でのし瓦の勾配がなくなり雨水を吸い込んで草が生えてきています。

降棟からも草が生えています。

棟漆喰土が剥がれて降棟と違い陸棟の繋ぎ部分下のトンネル瓦が詰まって雨水の流れを止めて雨漏りしている様に思います。この様な状態でこのまま放置していますと雨漏りが原因で天井板が濡れて染みになり次第に腐りだしてきます。壁まわりも同じ様に雨水が染み込んで壁紙の貼り替え又塗替えが必要になってきます。床板、畳の貼り替え等もしなくてはならない事もあります。棟瓦の葺土の入れ替えは築15年〜20年位を目安にしてください。葺き方や瓦職人の技術にも差はありますが最低でも屋根点検はして置いた方が良いと思います。

[屋根点検.見積り無料]

[連絡先090-2067-2150]