熨斗瓦が屋根下に落ちかけていました。

桟瓦がズレてきていますので、雨漏りして来る前に屋根瓦修理が必要です。

面戸漆喰が剥がれて、葺き粘土も雨水を吸って濡れていました。

葺き粘土の粘着力が無くなって、熨斗瓦が抜けてきていました。棟瓦の粘土を撤去して漆喰で棟瓦を葺き替えするか?1枚物の三角冠瓦仕様で棟を作るか?お客様の予算が少しでも安くなるように考えて、屋根瓦も長持ちする方法で考えてさせて頂きたいと思います。

[奈良県の雨漏り修理と屋根瓦葺き替え工事の事なら是非当社にお任せください!]