台風住宅屋根被害で屋根工事店、工務店、リフォーム会社は台風屋根被害復旧でどこの業者も忙しくしています。以前の屋根の形、瓦の種類、屋根工事、屋根葺き仕様も変わって来ていまして、以前の屋根瓦は和形瓦が支流で最近の屋根でよく使われている屋根瓦は洋瓦(平板瓦)、スレート瓦(カラーベスト、金属屋根材(ガルバリウム鋼板)など瓦の種類もたくさんあります。先般の台風住宅屋根被害で強風で瓦が剥がされた住宅屋根は築30年前の建物が多かったのは粘土葺工法で野地板の上に下地材(杉皮)葺きしてから粘土の上に瓦を並べて葺いて粘土の粘着力も低下して瓦結束もほとんどしていませんので瓦がたくさん剥がされた理由です。最近仕様する桟木葺工法で屋根瓦工事している住宅の屋根瓦は被害が少なくてすんだのは桟木に瓦をステンスクリュー釘で1枚づつ打ち付けて固定しているからです!

台風屋根瓦被害の住宅屋根で必要な瓦を準備しています。

南蛮漆喰も必要な数だけ工事現場に運びましたがまだまだ足りませんので注文をしていますが南蛮漆喰も注文が多すぎて手に入りにくくなって来ています。現在屋根工事契約が出来ているところから瓦、南蛮漆喰を注文しています。来週中には屋根材が入りますので材料が入り次第工事にとりかかる予定です!

[屋根工事のことなら何でもお気軽にご相談下さい!]