今日は雨漏りしてきそうなところを何ヶ所かあげて、お話させていただきます。

屋根の雨漏りは施工不良による場合もあれば、経年劣化によって雨漏りする場合もあります。

屋根工事歴30年以上の瓦職人が屋根点検していきますので、雨漏りしている箇所等を的確に原因を探ることができます。

 

谷板金の上に葺き土を置いてカット谷瓦を葺いています。「施工不良」ですね。

谷板金の上に葺き土を置くと雨水が葺き土に染み込んで、谷板金部分も錆びて腐食が進んでやがて穴が開いきます。

葺き土が雨水を吸い込んで葺き土が崩れて雨樋に土がたまって詰まりの原因にもなります。

葺き土が雨水を吸い込んでしまうと下地木材も腐ってきますので、カット瓦の下に葺き土や漆喰を置く場合は谷板金の上ではなく、屋根下地木材の上に置くようにします。最近ではシーラーや瓦固定クリップ等があります。

 

 

棟瓦つなぎ部分の鬼巻き漆喰が黒くなっています。

黒くなる原因は、雨水が漆喰に吸い込んでいるからです。

このまま放置していますと、ヒビ割れ、剥がれて、少しず棟瓦の隙間から少しずつ雨水が入りだして、下地木材が腐ってきて、雨漏りしてきます。

鬼巻き漆喰が黒くなってきたら、塗り替え時期だと思ってください。

 

 

棟瓦の幅よりも、葺き土漆喰がはみ出していますので、この様な場所も施工不良が原因で雨漏りします。

棟のし瓦幅よりも、葺き土漆喰等は、50ミリ控えて葺くのがベストです。少なくとも、30ミリは控えて置かなければ雨漏りの原因になります。

屋根瓦の中でも棟瓦部分は1番雨、風の受ける箇所ですので葺き土幅やのし瓦の勾配、のし瓦を真っ直ぐに積み上げていく高い技術と経験が必要になってきますので、経験年数の長い瓦職人にしてもらうのが、1番良いと思います。

棟漆喰の塗り替えはあまりオススメできません。棟瓦に漆喰が塗ってある箇所は雨水が直接当たらないところですので、そうために漆喰が剥がれているからといって雨漏りしてくる事はないので、漆喰塗り替え補修は塗って少しの間だけ見た目だけ良くなるだけで、雨水の浸入を防ぐことはできないからです。

先程、鬼巻き漆喰が黒く変色しているのと同じ事で、棟面戸漆喰が黒くなってきて、剥がれてくるのは経年劣化が原因で、棟瓦葺き土が劣化してきて棟のし瓦の勾配がなくなり、棟のし瓦の隙間から雨水が入り込んで葺き土が濡れて棟面戸漆喰が黒く変色しているので、この様な場合は棟瓦葺替え時期だと思ってください。

 

「雨漏りしてくる前に早めの屋根瓦修繕工事をオススメします。」