今日は朝から和型残瓦葺き工事にいってきました。午後からは現場を職人に任せて屋根点検、見積りに出かけました。現場について屋根に登り屋根点検したところ、棟瓦のしっくいが剥がれて、草まで生えていました。棟ののし瓦はしっかりしていて、まだ使えますので現状瓦を使用して粘土は使わずに南蛮しっくいで耐震棟工法工事をする予定です。今回の家は築30年たってるらしく、少し棟瓦が痛みすぎだと思います。当時屋根工事した時が冬場で粘土が乾く前に凍てついたと思います。粘土が凍てつくと粘着力が無くなり砂状態になってのし瓦としっくいが剥がれ落ちて雨漏りしてきますのでのし瓦積み直しが必要になってきます。

奈良の瓦屋根工事の事なら当社にお任せください!

[耐震棟工法専門店]

[連絡先0744-35-3190]

[携帯090-2067-2150]