銅谷板が穴があいて雨漏りしています。

瓦と銅板金は相性が悪いので、今は使用しません。最近はガルバリウム鋼板かステンレス板仕様で谷板金工事をさせていただいています。

銅線も伸びて切れています。

当社はステンレス線を使って屋根工事していますので、伸びて切れる心配などはありません。

面戸漆喰も剥がれきていますので、漆喰の入れ替えが必要です!漆喰を剥がして粘土の上から漆喰を塗る業者さんもいてますが、三年ぐらいたてばまた同じように漆喰が黒ずんできて、剥がれてきますので粘土の上からは塗らずに入れ替えしてください。粘土が痩せてきて熨斗瓦の勾配が無くなって、この様に漆喰が剥がれきていますので、熨斗瓦の葺き替えが一番長持ちする方法です!

今回の現場の瓦はまだしっかりしていますので粘土を使わずに南蛮漆喰で棟瓦葺き替え工事をオススメしますが、瓦が劣化している場合はあまりオススメできません!

奈良県の雨漏り修理、瓦葺き替え工事の事なら山本屋根工事店にお任せください!

[見積り、屋根点検無料]