屋根瓦葺き替え工事の瓦下地桟木打ち工事の様子です。

桟瓦の割り付けしてからアスファルトルーフィングに墨付けして桟木を打ちつけていきます。

屋根下地木材が悪く下がっている場合などは桟木を浮かしてクサビを打ちこんで、浮かした桟木の隙間に南蛮漆喰を詰め込んで固めてから瓦を葺いていきます。逆に屋根下地木材がふくらんで高い場合は電気カンナで桟木を削り落として桟木の高さを水平にしてから瓦葺きします。新築の屋根工事の場合は屋根下地がまっすぐそろってますが、屋根瓦葺き替え工事の場合はたいてい屋根下地から治さなくてはなりません。屋根下地をきちんと治さずに瓦を葺いてしまいますと瓦に隙間が出来たり葺き上がりが悪くなり、雨漏りの原因にもなります。瓦の下地は見えない部分ではありますが、瓦葺きする前にとても重要な部分になります。屋根下地工事でどれだけ慎重に丁寧な工事をするかで新築屋根瓦見たいにできるかがきまると思います。