瓦が凍て割れしてきて、屋根裏に直接雨漏りせずに、少しずつ屋根下地を腐らせていくケースです。

瓦が劣化して雨水を吸い込んで来て、苔が瓦についてきてます!この用に瓦がなっている所は、屋根下地が腐っているケースが多いです。

屋根下地にこのように雨漏りのシミがついている場合は雨漏りしています。放っておくと部屋の中に雨漏りしてきます。

瓦がまだ新しくても地震、台風などで瓦がズレたり、浮いたりしてきて、雨漏りしてしまうケースもあります。

屋根の雨漏りは瓦だけでなく、谷板金の劣化で雨漏りするケースもあります。

家の中に雨漏りしてくると、屋根から雨漏りしていると思う人が多いと思いますが、屋根とは別の場所、外壁のヒビ割れ、サッシの取り付けの不具合、バルコニーの取り付け不具合などからも雨漏りしている事もあります。瓦がズレたり、瓦の浮き、棟のしっくい剥がれ、釘が浮いたり、屋根の劣化が進んできますと、雨漏りの原因になりますので早めの屋根点検をお勧めします。

[連絡先0744-35-3190]

[携帯090-2067-2150]