最近ではあまり仕様しない和型陶器瓦のハイシルバー色です。30年前ぐらい前によく仕様された瓦です。桟瓦は割れたり、凍てたりしていませんでした。棟瓦の下から二段目の熨斗瓦が赤く見えてる部分が気になります。二段目の熨斗瓦が外に出すぎて三段目熨斗瓦が中に入りすぎているので雨水が棟の中に入り白漆喰が流れています。

棟瓦葺き工事する前に仕様する鬼瓦の寸法を測って熨斗瓦の段数を出して冠瓦で葺き上げていきます。赤く見えてる部分は棟瓦の中に入るように見えない様にして熨斗瓦を積み上げていきます。

 

棟瓦全体に白漆喰が流れ出ています。

鬼瓦と熨斗瓦の間の鬼巻き漆喰が剥がれてありません。鬼巻き漆喰の下塗りのコーキングやボンドを仕様せずに鬼巻きしているので、剥がれたと思います。一段目の熨斗瓦の目地も一枚ものなので冠瓦と熨斗瓦の目地が同じようになっていますので棟瓦に雨水が入っていきます。熨斗瓦5段の場合はスタートの熨斗瓦は半割り熨斗瓦を仕様して葺き上げていきます。そうすれば熨斗瓦がちどりになり最後の冠瓦と熨斗瓦がちどりになり雨水が棟の中に入る事はありません。

屋根瓦の中でも棟瓦部分は一番大事な部分で雨水を一番受ける場所でもありますので、鬼瓦と棟瓦の寸法をきちんと出して、熨斗瓦に勾配をつけて、葺き粘土(南蛮漆喰)で葺き上げていきます。