台風21号が接近しています。台風対策できていますか?台風前の屋根点検も必要ですが、台風がすぎてからのほうがもっと大事です。例えば、瓦がずれたり浮いている、漆喰が崩れてきている、のし瓦がずれてきている、釘が浮いている、下から屋根を見て少しでも気になることがありましたら、当社にご連絡下さればすぐに屋根点検いたします。もちろん屋根点検は無料でさせて頂いていますのでご安心下さい!

瓦がずれたり浮いてしまう原因は台風や地震の揺れなどによって瓦がずれたりします。瓦の下の粘土が劣化して粘土の粘着力がなくなりずれてきていることもあります。瓦が割れる原因は以前は鉄釘を使用していたため釘が錆びて割れることがあります。漆喰が剥がれてくる場合は長年、雨風が漆喰にあたり漆喰が劣化して剥がれてしまいます。のし瓦がずれてくるのは、以前の棟瓦工事は粘土葺き工法で、粘土の上にのし瓦を積みかさねて粘土の粘着力だけでもっていました。長年の粘土の劣化によって粘土の粘着力がなくなりずれてきていることがあります。釘が浮いてくるのはコーキングの劣化や、風、地震の揺れなどによって釘が浮いてきます。

当社の施工方法は残葺き工法でしますので台風や地震で瓦がずれたり浮いたりする心配はありません。棟瓦工事は耐震棟工法で粘土は一切使用せず全て南蛮漆喰を使ってのし瓦を積みかさねていきますので粘土のように劣化することがありません。のし瓦積みは棟木に縦鉄筋を800ミリピッチで打ち込み横鉄筋を結束してのし瓦を1枚づつ鉄筋に結束していきますので台風や地震がきてものし瓦がずれたりすることがないのです。風や地震の揺れなどで釘が浮いてしまうこともありません。すべてステンレススクリュー釘とステンレスビスを使っています。軒先瓦はステンレスビス3本止め、屋根の横ケラバ部分はステンレスビス2本止めてステンレス線で結束、平部分残瓦は1枚づつステンレススクリュー釘でとめていきます。

[屋根点検をご希望の方は是非奈良山本屋根工事店にお任せください]

[連絡先0744-35-3190]

[携帯090-2067-2150]