今日から地元の棟瓦葺き替え工事開始日でしたがあいにく今日は1日雨の予報が出ていましたので、朝からお客さまに天気が固まってから屋根工事に来ますのでとお話させてもらいに自宅に行きました。屋根瓦工事開始日に合わせて大安吉日を選んで工事開始する予定でしたので、お客さまに確認をしてから鬼瓦だけ外させて頂きました。鬼瓦を外しても軒先部分になりますので雨漏りはしない場所になります。このように鬼瓦だけ外しておくと屋根工事開始日になりますので安心して屋根工事する事ができます。午後からは雨漏りして困っているお客さまを優先して現場調査と屋根養生シートをしに現場に向かいました。現場は台風屋根瓦被害の現場です。3件回る予定していましたが、2件しか回る事が出来ませんでした。午後13時出発して会社に着いたのが20時半過ぎでした。雨漏りしているとお客さまから電話で聞かせて頂いていた1件目の屋根は現場調査は出来ましたが、屋根に養生シートを貼ることが出来ませんでした。屋根の真ん中部分の谷板金あたりと落ち屋根際の壁の隙間から雨漏りしていると思われます。このような場合は屋根全体に1枚物のシート養生が必要で繋ぎ合わせのシートでは雨水がシートの隙間から入り込んでしまいます。葺き替え等瓦がない場合はシートを桟木などで止める事ができますので良いのですが、又台風が発生していますのでシート養生はしませんでした。瓦の上から養生シートを掛ける場合は屋根面積30坪の場合シートの重石に最低でも砂袋30~50袋必要で、虎ロープや太めのビニール紐.銅線等の色々養生道具と作業時間が必要です。今日は養生道具と作業時間も足りませんでしたので、お客さまには大変申し訳ありませんでしたが今日はシート養生無しで帰らせてもらいました。お客さまは雨漏りして凄く心配されていると思いますので最優先で屋根工事させていただく予定です。

[耐震棟工法専門店]

[屋根の雨漏り. 屋根修理. 瓦葺き替え工事のことなら是非当社にお任せ下さい!]

[連絡先0744-35-3190]

[携帯090-2067-2150]