台風21号が去ってから雨の日がずっと続いていますので中々屋根工事のほうが思うように進みません。

昨日の天気予報では今日は雨の予報が出てましたので昨日のうちに屋根シート養生してきました。このような瓦の上からシート養生する場合は瓦に釘やビスを打ち付ける事ができないので工務店又リフォームの人はシートを瓦の割れてある上から1枚広げて張ろうとします。あまり大きく広げてシートを張りますと強風が吹いたりしたら風でシートが煽られてバタバタ音がして窓を閉めていても部屋中まで聞こえて来ます。砂袋などの重石をしっかりと乗せて置けば大丈夫ですが、シート養生作業時間がかかりますので、費用が高くなるケースがありますので雨漏りの応急処置や屋根にシートを張って頂く場合はシート養生費用がいくらかかるのか?シート養生作業する前に必ず確認して下さい!

お客様に屋根瓦のシート養生をお願いされた場合部分的に屋根瓦が剥がれて棟瓦が崩れている場合は剥がれた瓦の部分だけを瓦と瓦の間にシートをはさみ込んでステン線とシート止クリップで止めでシートを張ります。シートを広げていないので風でシートが煽られて剥がれにくく、風で煽られてシートの音もほとんどありません。シート養生作業も短くてすみます。

今週は天気が悪く雲雨が多い見たいなので今週一杯は台風屋根被害宅のみ現場調査に回らせてもらう予定です。

雨漏りしている家の屋根はお客様に前もって聞いていますのでシートの枚数がどれだけいるのかは分かりますので用意して行きますが、雨漏りがしている事にきずかない場合や雨漏りして来そうな場合もありますので、現場調査に行く時は多めにシートを積んで行きます。屋根の部分シート養生や屋根瓦の割れが多くて部分シートでは無理な時は屋根一面にシートを被せて張る事もあります。そういう場合の為にブルーシートは小さめの物から大きめの物まで積んでいます。大型シートは1枚10×10メートルで畳61枚分の屋根面積まで張れるシートも用意して現場に回らせて頂いています。

[屋根瓦の雨漏りでお困りのお客様は是非当社にお任せ下さい!]

[台風屋根被害で雨漏りしておられる方や雨漏りして来そうな方はご連絡下されば優先に屋根シート養生させて頂いていますのでご連絡お待ちしています!]

[連絡先0744-35-3190]

[090-2067-2150]